【比較表】NISA ・ISA・IRAの制度内容と相違点について

NISAのような非課税投資制度は、イギリスにはISA(アイサ)、アメリカにはIRAという制度が存在します。(NISAはISAをモデルにして創設された)
NISAについて深く理解するためには、モデルとなったISAやアメリカのIRAなどと比較して把握する必要があります。
そこで、この記事では3国の制度の特徴について表にして比較しました。

スポンサーリンク

NISA ・ISA・IRAの制度内容比較

日本 英国 米国
略称 NISA ISA IRA
名称 少額投資非課税制度 個人貯蓄口座 個人退職勘定
導入年 2014年 1999年 1974年
年間非課税枠 120万円 約282万円 約60万円
(現地通貨) 20,000ポンド 5,500ドル
非課税期間 5年 無期限 無期限
対象金融資産 株・株式投信・ETF等 株・債券・投信・預金等 株・債券・投信・預金等
備考 債券や預金は対象外 株式型や預金型など
種類別に口座があり
50歳以上は1,000ドル
上乗せ拠出可能
・英米では恒久措置なのに対して、日本は5年間の限定措置。
(一般NISAの場合 2020年1月現在)
・日本は英米と違い、債券や預金には投資できない。
・日本がモデルとしたISAに比べて、日本の年間限度額は約半分と低め。

モデルにした英国版に比べるとNISAはずいぶんと控えめな制度であることが分かります。


次に、これらの制度がどれぐらい利用されているのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

NISA ・ISA・IRAの利用実績(加入率・残高)

金融庁の資料が大変わかりやすくまとまっていましたので、そのまま引用します。

加入率

制度を開始したのが圧倒的に遅い日本は10%と、英米と大きな差ができています。

口座残高も英米との違いは歴然。

口座残高

日本 英国 米国
投資残高 7.8兆円 90兆円 893兆円
基準年 2018年12月 2018年4月 2017年1月
備考 つみたてNISA含む 株式型&預金型 ロスIRA除く
参考 リンク リンク リンク

日本の家計金融資産はイギリスのおよそ倍(日本:1,848兆円、英国:977兆円)なのですが、非課税投資制度の口座残高は10分の1にも満たしておりません。
先ほども書きましたが、日本はずいぶんと控えめな制度となってしまっているのです。

NISAは何のためにあるのか?

ISAやIRAは恒久措置としてライフステージに合わせた資産形成を後押しするために設立されています。
一方のNISAって、「paypayの20%還元!」のように期間限定のキャンペーンでしかないんですよね。(今のところ)
投資をしない日本人に投資を促すためのキャンペーンなのか?
老後の資産形成を後押しする制度にするのか?

NISAの位置づけを「老後の資産形成のため」とさせるのであれば、制度を恒久的措置として、限度額を引き上げてみるのがいいんじゃないかなと思います。

NISA恒久化については、金融庁の「令和2年度税制改正要望項目」に恒久化案が盛り込まれましたが、一部報道によると政府は見送る判断をしているそうです。
NISAは何のためにあるのか?
位置づけをはっきりと政府は示してほしいなと思う次第です。

タイトルとURLをコピーしました